法律の専門家弁護士

ビル民事再生とは借金を返済していくことができなくなったので、裁判所に返済額を減らしてもらえるように申請をして許可をもらう手続きのことを言います。これとよく混同されるのが会社破産や自己破産といわれるものですが、本質は少し違います。会社破産や自己破産と民事再生の違いは会社や個人として再建できるかどうかという部分が要因となっています。

民事再生においても会社の借金から個人の借金に対して再建することを目的として手続きを取っていきます。会社の民事再生にしても個人の再生にしても裁判所に申請をすることに違いはありませんので、そのための書類の作成や手続きをとらなければなりません。もちろん自力で申請することもできますがやはり専門家の力が必要になります。

民事再生の手続きには法律の専門家である弁護士への依頼がオススメです。司法書士でも対応でしてもらえますが、弁護士には訴訟代理権があります。司法書士は書類の作成や相談には乗ってくれますが、訴訟代理権はないので裁判所に申立をすることはできません。また申立をすると裁判所で裁判官の面接が必要であると判断した場合に「審尋」と言われる面談を行うようになります。このときに司法書士は「審尋」に同席できませんが弁護士は代理人として同席することになります。したがって裁判所に対しても様々な形で対応できる範囲が広いのは弁護士の方になるので弁護士への依頼の方が対応力は高くなります。しかし、費用に関しては若干の違いがあることも事実なのでしっかり検討した上で相談をすることが大事になります。